たるみとヒアルロン酸の関係

ヒアルロン酸はたるみに効くのか?

ヒアルロン酸はもともと肌の真皮層にありますが、加齢とともに量が減っていきます。また、ヒアルロン酸の間にあるコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力やハリを支える成分も同様に加齢によって減少し肌がたるみます。
結論からいえば「ヒアルロン酸だけ摂取しても意味がない」ということになります。

 

ヒアルロン酸の量がいくら増えても、コラーゲンやエラスチンも同時に増えなければリフトアップには繋がりません。
ヒアルロン酸/真皮層
それでもヒアルロン酸配合の化粧品を使うことで以下の効果は期待できます。

 

ヒアルロン酸配合化粧品で期待できる効果

ヒアルロン酸が入った化粧品を使うことで期待できる効果は以下になります。

  • 肌のバリア機能をサポート
  • 角質層の水分の蒸発を防ぐ
  • 角質を柔らかくしてすべすべした手触りの肌に

 

つまりヒアルロン酸は高い保湿力を持った成分であるが、たるみケアはヒアルロン酸だけの摂取ではダメだということになります。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンを一緒に摂取するのが理想的

たるみケアの成分として有名なコラーゲンは皮膚などの細胞と細胞を繋ぐ働きをします。

 

ですから、コラーゲンが不足すると細胞同士の結びつけが弱くなるのでその結果肌の弾力が失われてしまうのです。

化粧品

そのコラーゲンを摂取することも大切なのですが、コラーゲンを単独で摂取しても大きな効果は期待できません

 

そこでおすすめなのが、ヒアルロン酸とコラーゲンを一緒に使うこと。

 

ヒアルロン酸はコラーゲンやコンドロイチン、ムコ多糖類など他のタンパク質と結合し、低分子化した状態でなければ吸収されないことが最近の研究で分かっているそうです。
つまり「アルロン酸も単独で使っても肌の表面までにしか浸透しないが、コラーゲンと同時に摂取することで低分子化され吸収されやすくなる」ということになります。

 

ヒアルロン酸とコラーゲン配合の化粧水を使ったり、コラーゲンドリンクを飲むなどインナーケアを同時にすることでより大きな効果を期待できます。

どちらの生成をも促すグロースファクターが一番!

グロースファクターにはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す働きがあることをこちらでも解説しました。

 

コラーゲンやヒアルロン酸を外部から摂取するより、体内での生成を促して効率よくたるみケアができる成分として注目されているのがグロースファクターなのです。
つまりヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧品やドリンクを摂取しなくても、グロースファクター配合の化粧品を使えば1つでOKということです。

 

私たちの決めたランキングでもグロースファクター配合の美容液は上位になっています。参考にしてみてくださいね。
たるみ美容液【独断ランキング】