たるみとコラーゲンの関係

コラーゲンのたるみへの効果は?

ヒアルロン酸

たるみケアの代表格である「コラーゲン」。化粧品だけでなく、ドリンクやゼリー、サプリも人気です。

しかしそのコラーゲンが本当にたるみに効くのでしょうか?

 

コラーゲンで期待できる効果

コラーゲンで期待できる効果は以下になります。

  1. 肌に弾力を与える
  2. 血管の弾力性を保つ
肌に弾力を与える

新しい皮膚を生み出し、皮膚の弾力やハリの元になるコラーゲン。
もともと体内にあるコラーゲンやエラスチンは年齢とともに減少します。
このコラーゲンを補給することで肌にハリや弾力を与えます。

 

血管の弾力性を保つ

コラーゲンは血管の外壁を形成しています。そのコラーゲンが不足することで血管に絶え間なくできる傷を修復できなくなります。
血管には欠かせない成分なのです。悪化すると動脈硬化の原因にもなります。

コラーゲンを効率良く吸収するには

38歳

コラーゲンは分子が大きく、化粧品や経口摂取をしても吸収されにくいとされてきました。

しかし、最近は低分子化されたコラーゲンが開発され、それが主流になっています。それがコラーゲンペプチドです。コラーゲンペプチドは体内に入るとそのまま体内のコラーゲンとしては吸収されず、繊維芽細胞とヒアルロン酸が増加します。
繊維芽細胞にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促す働きがあります。
つまりコラーゲンペプチドを摂取することで、コラーゲンの材料となる繊維芽細胞が増えたるみ改善にも繋がるというわけです。

 

ですから、コラーゲンペプチドや低分子コラーゲンと記載されている商品を選ぶことがポイントです。

 

実はコラーゲンは「アミノ酸」

アミノ酸も保湿効果はありますが、真皮にまで届くかと言われればイマイチ浸透力はありません。だから表面だけは潤い勘違いしてしまうのです。
そこで一番良いのは肌にハリを与えるコラーゲンやエラスチンの生成を促すこと。
体内で生成すれば真皮にも届きますよね。

 

ではそのコラーゲンの生成を促す成分って何なのでしょうか?

コラーゲンの生成を促す魔法の成分とは

たるみケアには今再生医療で注目されているグロースファクターという成分がおすすめ。
体内でコラーゲンだけでなく、肌に弾力ももたらすエラスチンやヒアルロン酸の生成を促す成分として今多くの化粧品メーカーが取り入れはじめています。私たちも注目しているグロースファクター配合の化粧品は1位に選んだリルジュのリカバリーエッセンスにも配合されています。こちらはグロースファクターの配合率も多いので効果を試してみたい方にはおすすめです。

 

他にもグロースファクター配合の化粧品を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。
たるみに効く美容液【独断ランキング】