肌がたるむ原因とは?

たるみの原因ってなに?

たるみを改善するにはまず原因を知っておくことが大切です。
たるみの原因には主に以下の3つが挙げられます。

 

1.顔の筋肉の衰え

おしりや胸が垂れ下がると同じように顔の筋肉も加齢とともに衰えていきます。

 

2.ハリや弾力の低下

真皮

肌の表皮の下、いわゆる真皮の層ではこのように肌の弾力を支えるコラーゲンとそのコラーゲン同士をつなぐ成分で構成されています。

 

このコラーゲン、エラスチンは加齢によって減少してしまうため肌にハリが失われていきます。

 

ではどうしたらよいのでしょうか?まず、コラーゲンやエラスチンを化粧品から補給しても分子が大きく真皮まで浸透しにくいため、大きな効果は期待できません。確かにコラーゲンやエラスチンには保湿力があるので、配合された化粧水や美容液を使うと表面上は潤ってるような気になってしまいがちなのですが、肝心の肌内部の真皮までは届いてないのです。

 

これは多くの人がしている勘違いです。
そこで、有効なのがこのコラーゲンやエラスチンの生成を促す成分の入った化粧品を使うことです。特に私たちが選んだ美容液にも多く配合されている「グロースファクター」という成分は、真皮まで浸透しコラーゲンやエラスチンの生成を促進すると言われています。実際、グロースファクターは火傷の再生医療にも使われている成分なのです。

 

グロースファクターが配合された美容液はたるみに有効な成分が入った美容液ランキングでも私たちは1~3位に選んでいます。それだけ明らかな違いを感じる成分ということです。

 

特に30代後半以上の人は、コラーゲンの減少・変形が大きく現れる年齢ですので一度試してみても良いと思います。

3.生活習慣

  • 過度なダイエット
  • 過度なダイエットは栄養が偏り、肌の調子を悪化させる原因となります。

     

  • 姿勢が悪い
  • 主婦

    これは意外かもしれませんが、猫背で顔が下向きの姿勢がクセになっていると、顔に「下向きの重力の力」がかかり続けたるみを加速させてしまうそうです。

    座りっぱなしのデスクワークが中心の人は定期的にマッサージやストレッチをするなどして、できるだけ意識するようにして正しい姿勢に
    するよう心がけましょう。
    参考記事:デスクワークの“あご出し猫背”が顔のたるみを加速 ゆがみリセット学(10)

     

  • 睡眠不足
  • 睡眠不足は肌の大敵。最低でも12時までにはお布団に入れるようにしましょう。
    また、睡眠の質を下げないよう寝る前にスマホやPCを見ない、深酒をしない、温かくするなどして寝ましょう。

     

  • 紫外線・UVケアの怠り
  • 紫外線は肌の真皮まで達すると「活性酸素」を発生させます。活性酸素とは正常な細胞を傷つけ、肌の老化を勧めてしまう凶暴な酸素のこと。活性酸素は、コラーゲンやエラスチンも変形させて新陳代謝を鈍くさせるため、硬くなって弾力を失います。そうなると肌のたるみに繋がっていきます。一見、UVケアとたるみは関連性がないように思いますが、紫外線が肌に与える影響というのはとても大きいものなのです。
    夏はもちろん冬も外出時には日焼け止めを塗っておくようにしましょう。

     

  • 腸内環境の悪化
  • 腸内環境が悪いと肌にも現れてきます。
    善玉菌を増やすために乳酸菌や果物、野菜を積極的に食事に取り入れることを意識していきましょう。
    こういった食生活は便秘解消にも繋がり腸内環境の改善に一役かいます。

 

化粧品だけに頼らず、普段できることから気をつけていきましょう。