たるみへの正しいスキンケア方法を紹介

たるみの正しいケア方法

たるみ化粧品

たるみを解消するにはいろいろなリフトアップ方法がありますが、まずは正しい化粧品選びとスキンケアが基本です。こちらでは基本的な化粧品の選び方を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

化粧品選び

クレンジング

クレンジング選びを間違えると乾燥の原因にもなります。乾燥はたるみはもちろん、シワやほうれい線を引き起こします。
まず、乾燥肌の人はオイルタイプ以外のクレンジングを選びましょう。オイルタイプは界面活性剤を多く含むため、肌への負担が大きいクレンジングです。また、洗浄力が強いため、肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。
リキッドファンデーションを使っている方であれば最低でもリキッド、パウダーファンデーションであればミルクやクリーム、ジェルタイプで十分です。
化粧品の中でもクレンジングにこだわる人は少ないのですが、実は肌トラブルの原因であることがあります。自分の肌に合ったクレンジングをもう一度見直してみましょう。

洗顔

洗顔はできれば固形タイプのものをおすすめします。それ以外は自分の好みや肌質に合わせて選んでOKです。

化粧水

たるみケアで一番大切なのは保湿です。たるみケアとして一番有効な保湿方法は、美容液で贅沢な成分を使い、真皮の層まで保湿成分を届ける、化粧水や乳液で肌の表面を保湿するというイメージで行うと良いです。
ただなんとなく美容液と化粧水を使うのではなく、それぞれの役割を理解し、使い分けることによってより肌に有効な成分を与えることができます。
肌表面を保湿する成分としておすすめなのは、やはりヒアルロン酸、コラーゲンなどです。また、敏感肌であればセラミドという成分も有効です。パシャパシャと塗るだけではなく、肌に浸透させるよう押し込むようにパッティングしてあげるとより良いです。

美容液

美容液にはそのブランド、メーカーの最先端の技術が詰まった成分が入っています。ですから、肌の一番深い悩みに有効な成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

その他

美顔器

おすすめは世界でも人気のスリムセラです。ヘッド5種類のローラーには10種類の鉱石が原料のセラミックが内蔵されています。ローラーの部分から遠赤外線とマイナスイオンが出て肌を集中的にリフトアップします。造顔マッサージなどは自己流でやると反対に皮膚を伸ばしてしまう原因にもなるのでおすすめできません。

ドリンク・サプリ

コラーゲンやサプリといったものは飲み続ければ効果が期待できますが、やめてしまえば意味がなくなるのが特徴です。飲むコラーゲンを選ぶときは吸収率の高い低分子化された「コラーゲンペプチド」と書かれたものを選びましょう。また、副作用が出る方もいますので、できるだけシンプルな成分配合のものを選ぶようにしましょう。