たるみとビタミンC誘導体の関係

ビタミンC誘導体のたるみへの効果は?

美白ケアやニキビケアに広く使われている「ビタミンC誘導体」は、もともと壊れやすくもろいビタミンCを人工的に改良して化粧品として使いやすく安定化させたものです。また、誘導化させることで肌に浸透しやすくなっています。そんなビタミンC誘導体にはどんな効果があるのでしょうか。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体配合化粧品で期待できる効果

ビタミンC誘導体が入った化粧品を使うことで期待できる効果は以下になります。
  • メラニンの生成を抑える
  • 皮脂のコントロール・抑制
  • 抗炎症作用

メラニンの生成を抑える
シミの原因となるメラニン色素の生成や色素沈着を抑える作用があります。

しみ対策や美白ケア化粧品に多く使われています
紫外線による色素沈着が原因で目立っている毛穴のケアにも効果が期待できます。

皮脂のコントロール・抑制
過剰に分泌されてしまう皮脂量をコントロールする作用があります。

脂性肌やインナードライ肌といった肌質は肌の油分と水分のバランスが崩れていることが原因といわれています。
皮脂が過剰に分泌されていると角栓も詰まりやすくなりますし、ニキビ、黒ずみの原因ともなります。

ビタミンC誘導体は皮脂量をコントロールすることでこういった肌トラブルを防ぐことができます。

抗炎症作用
「抗炎症作用」とは炎症を抑えるという意味です。

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることによって炎症をおこすことでできてしまいます。
ビタミンC誘導体の抗炎症作用ではこの炎症を予防する効果が期待できます。

ニキビに悩む人はビタミンC誘導体化粧水を

他にもビタミンCにはコラーゲンを生成する働きを手助けするという作用がありますが、かなり小さくなって低分子化されたものでないと有効に働きません。また、その力は大きくありません。

つまりビタミンC誘導体は美白やシミ対策、ニキビ向けであり、たるみにはあまり適さない成分です。たるみの他にもシミやニキビに悩んでいるという人にはビタミンC誘導体入りの化粧水を使ってみても良いでしょう。

ビタミンC誘導体は化粧水で取り入れるのがおすすめです。

なぜなら美容液は各化粧品メーカーが最先端の美肌成分が詰まった技術の結晶。
たるみは肌の悩みの中でもケアしにくい分野です。だからこそ「たるみは贅沢な成分の詰まった美容液でケアする」というのがベストです。